FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

憧れの老舗料理店

しばらくさぼってる間に、グルメな日々を送ってました。
というのは、毎日おいしいものを食べているわけではなく、

親と親戚の人達が、関西にやってきて、
「何かおいしいもん食べたいなー。」
というので、昔から憧れていた老舗すき焼きのお店”はり重”に
行ってきたのです。

すき焼きっていうと、家の味で、外で食べるということを
したことがなかったので、”はり重”の看板を見ただけで
テンション上がってました。

はり重の建物の向かいで、信号待ちしていた母親が、
「あ、あれやな、はり重の看板見えた!」
もう子供並に浮かれている。
このごろ日増しに元気な母親。
おばちゃんパワー炸裂で、やられ気味。

味は?
もちろんおいしーいです。
一枚肉をすき焼きたれの入った高さのないすき焼き鍋に入れ、
数分間煮ると、「はい召し上がれ」
仲居さんが、とき卵の入った取り皿に肉を入れてくれる。
とろけそう~。

レトロな座敷の個室も老舗感を醸し出している。

親戚のおばちゃんは、テンションアップ+酔っぱらって、
トイレから帰ってくるなり、
「酔っぱらったよーん。」
両手でVサインをしながら部屋に入って来た。

人生の後半にさしかかってから遊びを覚えるとこうなるのか。
すこぶる楽しそうな様子に、この店にして良かった。

「お父さんも生きてたらここに来れてたのになあ。」
突然母親が、グスンと泣き始めた。
向かいに座っていた私は、もらい泣きしてしまった。
「minaちゃんも泣いてる!」
私の泣き顔を見て、母親がまた泣いた。

涙あり、笑いあり、人生だなあ。
スポンサーサイト
23:00 | 未分類 | comments (1) | trackbacks (0) | page top↑

涼しくなって、飲みざかり

踊りの後のビールがやめられないで困っている。

祭りで飲み過ぎ&踊りすぎで酔っぱらいすぎて、
ずーっと踊り仲間に踊りを強要したり、
どうやって家に帰ったかさっぱり思い出せないまま
次の朝は、胃がひっくり返るくらい痛かったり、
ずんずん酔っぱらい度が高まってきているのが問題だ。

なんでこんなに気にしているかというと、
私は時々とんでもない暴言を吐き、津波の前の引き潮のように
ザーーーっと人々が引いていくのを体験しているからである。

今度そんなことがあったら、取り返しのつかないことになる!
昨夜もちょっと引かしてしまったかなと思う人に浴びせた
「もしかして、鈍い?」
と言ったことに後悔してモンモンと悩んで寝不足気味の火曜日だった。
23:32 | 未分類 | comments (3) | trackbacks (0) | page top↑

午前様

昨日の疲れが残っている。

久しぶりに会った友達に昨日飲みに行って
終電に乗り遅れたので、そのまま朝まで飲んでいたこと言うと
「若いなあ。」
と感心された。

30代はまだまだ午前様ができる年頃。
とはいえ、2次会の店で赤ワインを飲み過ぎて
テーブルにつっぷして寝ていたのは私です。

飲んだら、何回も同じ事を言うっていうのに最近気づいた。
職場のG君の送別会の時、G君の先輩の40代独身女性Nさんが
ものすごく酔っぱらっていた。
そんな姿は初めて見た。

いつも冷静沈着クールに飲むNさんがこんなになるのはワケがある。
G君はかなり年下ではあるが、Nさんの上司であった。
仕事上何か問題があると、Nさんは何かとG君に頼っていた。
G君がクライアントに嫌みを言われてムシャクシャしてると
NさんがGくんのグチを聞いていた。

要はとてもいい職場仲間だったのである。
送別会の席で、最後にG君がみんなへあいさつする横で
Nさんは、隣で英語での通訳をかってでていた。
(その席には外人の上司がいた)
その二人の姿を見て、とても感動した私の目に涙が。。。

日本酒をのんでしまっていたので、酔っぱらった私は
「感動した!感動した!わーん。」
泣きながら、何度も何度も言っていたそうな。
22:37 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

つきあってるんですか?

G君の送別会で、G君はすごいいきおいでよっぱらっていた。
その前から、MちゃんとC君がつきあてるのかどうかを
公表させてやると意気込んでいた。

「ところで、ふたりはつきあってるんですか?」
まわりのみんなは、どう反応するか興味しんしんだった。
というのも、つきあってるかもというウワサはとうの昔から
たってたからだ。

後は本人から直接わかりきっている答えを聞きたい、
それだけ。職場の人間同士は本人から事情を
聞きにくいだけあって、ゴシップに走りがちだ。

G君の問いにC君は静かにうなずいた。
その前に、彼らは隣同士で、ひっついて二人の世界に
浸っているようだ。

女性社員は、その姿に容赦なく、
「気持ち悪い!」
と口々に言っている。
「仕事はちゃんとしないとなー。」

あ~あこれだから社内恋愛は難しい。
隠せるモノならずーっと隠した方が身のためだ。
00:14 | 未分類 | comments (1) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。