FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

定期券を持っていかないで

会社からの帰り、電車を降り改札に向かった。
夜7時すぎで、改札口は会社帰りの人達でにぎわっていた。

私は改札を通る人達の列に従って、改札機に定期券を入れた。
先に改札を出たのは、男の人だった。

定期券を取ろうとした時、それがないのに気づいた。
前にいた男の人が振り向いて私を見た。
インド人ぽい顔をした、中年の男の人。

なんで振り向くんだろう、と思った後に定期券がないことに気付いたから、
もしや!と疑った時には、もうそのインド人は去っていた。

駅員さんに改札機の中を調べてもらったが、定期券はなかった。
私は、インド人の男のことを話した。

駅員さんによると、前にいる人は、自分がチケットを入れて
改札を出たとしても、後ろの人が入れた定期券などを
反射的に取ってしまうケースがたまにあるらしいのだ。

それにしても、だ。

「まだ1ヶ月も残っているんです。サイアクー。」
3回連続で駅員さんに訴えたけど、
3日分の往復回数券を私に渡しながら
「3日待ってみましょか。」

こういうケースは補償がないそうだ。
インド人の男が観光客だとしたら、定期券であることすら
知らずにポイッと捨てるだろう。

私のなのにー。返してくれー。



スポンサーサイト
22:47 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
定期券は箱の中 | top | シンガポールから上司がやってきた

コメント

#えらいこった
それは大変だ!そのインド人が反射的とったとしても
何で振りかえったんだろう?minaさんが素敵な女性だったからかな??でも、もったいない。
by: KIMUKAZU | 2007/03/08 00:06 | URL [編集] | page top↑
#
そうなんですよ。普通振り返らないですよね。
私を見るより、思わずとってしまった定期券を
見てくれー。
by: KIMUKAZUさんへ | 2007/03/08 22:56 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://tatty4u.blog17.fc2.com/tb.php/229-6dd1e600
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。