FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

定期券は箱の中

「minaさん、私も定期券とられたんです。」

同僚のKさんは、私がオフィスに入るなり、
目を見開いて言った。

「昨日minaさんが、前の人に定期券とられたって話聞いたから、
ないって分かった瞬間、前にいた人を追いかけたんです。」

「で、どうだったんですか?」

「前にいたの男の人だったんですけどね、怒ってた。
 俺のんや、ゆうて。」

Kさんは、相手が怒ったことを半分楽しげにして言った。

結局Kさんの定期券は、改札機のチケットを自動的に回収する
箱の中に入りこんでいた。
こういうことはたまにあるらしい。

「駅から、連絡ありました?」
今度は私のとられた定期券を心配するKさん。
「まだないんですよ。」

「カメラにminaさんの定期券盗ってるとこ、映ってないんですかね?」
「うーん、盗った人がわかっても、それからどーしたらいいんやろ。」

これは、同僚のI君の案である。
改札を通る時間が分かってるから、
私の前の人を特定するのは容易だ。
でも、その後その人が同じ改札にやってくるとは限らない。

監視カメラで撮った膨大な量のビデオを早送りしながら
じーっと犯人を捜す刑事のシーンが頭の中に浮かんできた。
スポンサーサイト
22:53 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
老婆心 | top | 定期券を持っていかないで

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://tatty4u.blog17.fc2.com/tb.php/230-b0d0208c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。